まずはミニゲームをつくろう−UI構築2

寝ながら操作は左右しか出来ない

なんだかんだこの7日間はミニゲームを作れなかった。
更に投稿も出来ない状態だったのでこんな週もあるか。まあ仕方ない。

実際に100円グッズで作った首だけで動かすハード、”NeaR(とりあえず近くにあるだけなのでニアー)”と呼ぶようにしてみる。
これをしながら寝っ転がると左右くらいしか動かせないことに気がつく。

なので、左右にボタンを配置しつつ、その傾きが一定以上だったらゲージが溜まりゲージが一定以上になったら
タップと同等の処理を行うように実装してみた。

スタートとオプションへの遷移のみであればこれで行けそうだが、
オプション設定は左右だけでどう操作するのかを考えないといけない。

作業を少しでもした日はブログを書いているので日はまたいだが、今日で13日目だ。
ひとまず20日以内で公開までしたい。
なので、Ver.1ではオプションを入れないことも考えよう。
なぜ20日以内かというと、一ヶ月が大体30日で、一週間は大体7日、そのうち月〜金で5日と考えると
大体4週=1ヶ月、と考えると20日=一ヶ月だからだ。

ミニゲームで大切にしたいのは、こういう遊び方を提供してみた結果、潜在的なニーズを発掘出来るのか、という点なので
そんなにクォリティは気にしていない。

とりあえず、オプションは操作的に面倒そうなのでゲームメインとリザルトから作ろう。
明日は予定があるので明後日作業してリザルトまで作りつつAndroidアプリの提出をしていこう。

iPhoneアプリは1万円かかるけどミニゲーム公開のためにそんな金払いたかないわ。
UnityならSwitchTargetし直せば結構楽にいけるしDL数伸びたプロジェクトだけやりゃいいわ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください