まずはミニゲームをつくろう−遊びを再思考しよう

遊びを再思考しよう

“このゲームならではの、というところの薄さ”
をなんとかしないといけない。

ただ避けるだけ、というのは緊張感が薄まるからだ。

というわけで以下のアプローチをする予定だ。
・絵的なアプローチ
・遊びの特異さ(他にはない遊び方)
・緊張と緩和グラフの再思考

“遊びの特異さ”,”緊張と緩和グラフ”をまずは考える。

絵的なアプローチは遊びが決まってからどうしようかと考えても遅くはない。

現状のゲームでは”遊びの特異さ(他にはない遊び方)”、”緊張と緩和グラフ”が薄い。

以下は現状の動画。上部の円と点は傾きを示しています。

まあ避けゲーなんて沢山あるし…と思えればいいのだが、
更に”緊張と緩和グラフ”が薄い点にも問題がある。

避けるだけ、となると反射的な動作のみで脳停止するため
岩に当たり始めると「あーもういいかも」と思ってしまう。
とても直感的で遊びやすい反面、とても飽きやすいのかなと思う。

なので、”緊張と緩和”が更に増すような点と”遊びの特異さ”が
同時に満たされるようなものを悶々と考えていた。

そこで、「傾きのみで遊ばせたい」という点は変えずに遊びの追加を行おうという判断を行った。
やることは、”端末を反転させたら逆に一定時間内に岩に当たらないと即死亡(そのかわりスコアは大きい)”。

端末の反転は、Unityで”画面の反転”をOFFにしつつ、Input.gravityを参照すれば取得できることを確認。
どうせなら自機も回転させてしまえ、と反転したら自機も反転させてしまおう。

更に、反転だけでは”当たって良い”かどうか分からないのでバリアっぽい演出を自機に加えよう。

最後に、死亡というステートが入ったので死亡時演出も追加しよう。

これでどうなるか見てみようじゃないか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください