Rider+Unity覚書

以下、自分への忘備録です

よく使うショートカットキー

高速検索(speed searching)

Shift二回押下

宣言または使用箇所(Go to Declaration)

Win( Ctrl+b ) Mac( Command+b )

包含宣言に移動(Navigate to containing declaration)

Win( Ctrl+[ ) Mac( Command+[ )
宣言または使用箇所(Go to Declaration)から戻る場合に使う。

設定

会社によって好みが違うので、あまりこの辺りは弄りたくない。
デフォルトが1番だしMicroSoft辺りが全GitHubオープンソースから
AI使って1番人気指定してくれりゃ問題ない世の中になってほしい。

最初にすべきこと

Prefarences → Editor → Code Style

設定マーク → Export → IntelliJ IDEA Code Style XML で書き出し(共有する際にも使える)

Prefarencesより設定

Editor → Code Style → C# → Tabs, Indents, Alignment

Dont’ indent comments started at first column

チェックを外す

Editor → Code Style → C# → Naming

各種命名規約にアッパーキャメルケース(例:GetInputReader)、ローワーキャメルケース(例:getInputReader)、
スネークケース(例:get_input_reader)、チェインケース(例:get-input-reader)や
クラス変数には_(アンダーバー)やm_などの指定がある場合に指定。
(個人的にはデフォルトでいい)

Editor → Code Style → C# → Code Style

Instance Members Qualification

Use “this.” qualifier for で this ポインタをどこに使うか使わないか指定
(個人的にはデフォルトでいい)

Editor → Code Style → C# → Line Breaks and Wrapping

Arrangement of Attributes 周り全Never
(個人的にはデフォルトでいい。)

あとはコードクリーンナップやらサイレントコードクリーンナップやらを
保存のタイミング辺りで行いたいけどまだ出来ないのかな?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください