まずはミニゲームをつくろう-自機操作実装

自機操作

先日の宿題の続き

本日もあまり捗らなかった。
Wowowの沈まぬ太陽ドラマが面白かったとか言い訳はしない。

自機操作を実装してみた。
どうしてもInput.accelerationを使用する場合はUnityRemoteなどを通してチェックしないといけないので、
uGUIのSliderで仮傾きセンサーを用意、マウスでいじって感覚をつかみつつある程度出来たなと思ったらRemoteでチェックしてみる。

  • Gyroでも取れるには取れるが、実機検証の結果、今回はInput.accelerationを利用して傾きを取得する【OK】
  • UIもOptionなどの設定以外は基本的に首だけで選択させるUXにする【実装方法は考えた】
  • とりあえず障害物・アイテムを配置し、当たったり避けたりしてみる【仮オブジェクト作成】
  • とりあえずStart->ゲーム->リザルトのループが出来るようにする【ステートマシン用意しないとね】

というわけで明日はステートマシンの用意と障害物、アイテムの用意をしたい。
ひとまず現状は仮デザインを入れ込んでテスト中なのでUIがあれだが動画作成。

実際に実機にビルドして傾きを利用してみると、自機が地味にぶるぶる震える。
これは、自分が動かしていないと思っていても微妙に揺れているか、
地面に置いていても値が変わるので端末のせいかもしれない。

ひとまずは操作は出来たので良いとして、ある程度以下のパラメータは切り捨てたほうが良いと思われる。

まあ当たれるようになってからそのへんは調整しよう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください